バイオニュース

Thermo FisherがQiagenを買収

Thermo FisherがQiagenを買収【売上は?会社規模は?】

更新日:2020年3月7日

買収額は?

2020年3月3日、Qiagen(キアゲン)の取締役会において、Thermo Fisher Scientific(サーモフィッシャーサイエンティフィック)の買収提案を受け入れる決定がされた。

ライフサイエンス系の研究者であれば、両社の名前を知らない人は少ないだろう。

その買収額は$11.5 billion1兆2,355億円, $=107.433円) である。

Thermo Fisherの買収目的は?

Thermo FisherおよびQiagenの発表によると、Thermo Fisherの買収の目的は以下の通りである。

•感染症診断など分子診断技術を手に入れ、診断薬・装置のプロダクトポートフォリオを拡大する
•先進的なサンプル処理、アッセイ方法、バイオインフォマティクス技術を獲得し、最先端のライフサイエンス製品群を補完する

Therm FisherのCEOであるMarc N. Casperは、「この買収により、業界をリードする能力と研究開発の専門知識を高め、イノベーションを加速し、新たな医療ニーズに応える可能性を得られる。」と述べている。

Thermo Fisherの会社規模【売上高は?従業員数は?

Themo Fisherは、2006年にThermo Electron CorporationとFisher Scientific Internationalの合併によって設立され、2020年現在の従業員数は7万人を超える。

Thermo Fisher ScientificのAnnual report 2018によると、2018年の売上はUSD24.362billion2兆6,171億円, $=107.433円)であった。この売上高は、日本の身近な企業でいうと、富士フイルムホールディングスやシャープ、東レ(いずれも約2兆4,000億円)の売上高よりも大きい額である。

Fig.1はThermo Fisherの年別の売上である(単位:Billion $ ) 。2014年から2018年にかけて売上は約1.4倍に伸びており、成長企業と言えるだろう。

Fig.1 Thermo Fisherの売上推移
出典:Thermo Fisher Scientific, Annual report 2018

Fig.2はThermo Fisherの2018年におけるセグメント別売上である。セグメントはLife Science Solutions、Laboratory Products&Services、Specialty Diagnostics、Analytical Instrumentsの4種類である。

Annual reportにセグメントの詳細な説明はないが、 Life Science Solutionsはバイオや化学企業向けの製造用製品・サービス、 Laboratory Products&Servicesは研究者向け試薬・器材・サービス、Specialty Diagnosticsは診断薬、Analytical Instrumentsは分析機器類であると思われる。
最も売上比率が高いのはLaboratory Products&Servicesであり、最も売上比率が低いのはSpecialty Diagnosticsである。

Fig.2 Thermo Fisherのセグメント別売上
出典:Thermo Fisher Scientific, Annual report 2018

Qiagen(キアゲン)の会社規模【売上高は?従業員数は?

Qiagen(キアゲン)は、1984年に設立され、2018年時の従業員数は約5,000人である。 2018年の売上高は、 USD1,501,848 thouthands約1,501億円, $=107.433円)であった。

Table 1はセグメント別の売上高である。Molecular Diagnosticsは診断薬、Applied Testingは法医学分野の遺伝子データベース作成など政府や産業界向けサービス、Pharmaは創薬支援関連、Academiaは研究者向け製品・サービスを指す。

Table 1 Qiagenのセグメント別売上
出典:Qiagen, Annual report 2018

売上の49%を診断薬が占めており、診断薬が主力とわかる。 Thermo Fisher Scientificは、売上高比率の低い診断薬事業をQiagen買収によって補強する狙いがあるのだろう。

Qiagenの名前は残るか?

Thermo Fisher Scientificは、過去にApplied Biosystems、Alfa Aesar、Pierce、Affymetrix, Life Technologiesなどを買収し、ブランドとして買収した企業名を残している。Qiagenの名前は、特に遺伝子分野においてグローバルにブランド力があり、買収完了後もブランドとしてQiagenの名前は残るのではないだろうか。

参考文献

Thermo Fisher Scientific(2019)Annual Report 2018.
Thermo Fisher Scientific, Company profile.
Thermo Fisher Scientifc, Investor FAQs.
Thermo Fisher Scientific(2020)News Release Details-Thermo Fisher Scientific to Acquire QIAGEN N.V..
Qiagen(2019)Annual report 2018.
Qiagen, Milestones.
Qiagen(2020)Press release-Thermo Fisher Scientific to Acquire QIAGEN N.V..
Strainer, 2019年売上高ランキング.

関連記事

  1. クラウドファンディングで研究費の調達に成功:湘南ヘルスイノベーションパ…

  2. red-blood-cells

    セルフリーミトコンドリア(Cell-Free Mitochondria…

  3. みんなのミドリムシプロジェクト2020

    ユーグレナ社 クラウドファンディングで市民参加型研究

  4. セルフリー長鎖DNA構築キット:オリシロジェノミクス

  5. メルマガ

    MERCK/Sigma-Aldrichのメルマガ会員になるメリット

  6. 多重感染度(Multiplicity of Infection;MOI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP