【免疫診断の市場規模】2026年にかけて約6%のCAGR(年間成長率)で成長見込み

【免疫診断の市場規模】2026年にかけて約6%のCAGR(年間成長率)で成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション、市場調査レポート「免疫診断の世界市場:動向、シェア、市場規模、成長、および機会予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を3月29日より開始しました。

免疫診断市場の概要

世界の免疫診断市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて、市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

免疫診断とは、感染症や慢性疾患の検出に抗原抗体反応を利用した体外診断技術を指します。疾患の進行を特定するための標的範囲の拡大を支援する抗体の同定に、放射線、蛍光、発色酵素、プローブを使用します。

免疫診断では、酵素免疫吸着法、化学発光法、ラジオイムノアッセイ法、迅速検査法などの試薬、機器、ソフトウェアベースのソリューションも使用されます。

これらのソリューションは、がんや自己免疫疾患、呼吸器疾患、内分泌疾患、腫瘍疾患などの病気の診断や、法医学心理学、環境・食品分析などに広く利用されています。

その結果、免疫診断は、病院、臨床検査室、研究・学術機関など幅広い用途で利用されています。

市場の動向

大衆の間で慢性的な病気や感染症が増加していることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。

また、このような病気にかかりやすい老年人口が増加していることも、市場成長の原動力となっています。

さらに、B型肝炎、糖尿病、がんなどの病気の治療法に関する消費者の意識が高まっており、免疫診断キット、アッセイ、アナライザーの需要にプラスの影響を与えています。

加えて、次世代免疫診断プラットフォームの開発など、さまざまな技術的進歩が市場の成長を押し上げると予想されます。

これらの高度なPOCT(ポイント・オブ・ケア・テスト)システムは、敗血症、急性心筋梗塞、その他死亡率の高い医療疾患に対する診断設備を強化するものであります。

その他、個別化医療に対するニーズの高まりや、特に新興国における医療インフラの充実も、市場の成長を後押しすると考えられます。

主要な市場区分

世界の免疫診断市場は、製品、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

  • 試薬
  • 計測器
  • ソフトウェアおよびサービス
  •  

技術別の市場区分

  • 酵素結合免疫吸着測定法
  • ケミルミネッセンス イムノアッセイ
  • 蛍光イムノアッセイ
  • ラジオイムノアッセイ
  • ラピッドテスト
  • その他

用途別の市場区分

  • 感染症
  • 腫瘍・内分泌
  • 肝炎・レトロウイルス
  • 骨・ミネラル
  • 自己免疫
  • 心臓バイオマーカー
  • その他

エンドユーザー別の市場区分

  • 病院
  • 臨床検査機関
  • 学術・研究機関
  • 製薬・バイオテクノロジー業界
  • その他

免疫市場の主要プレーヤー

世界の免疫診断市場における主要な企業としては、

  • Abbott Laboratories、
  • Arkray Inc.、
  • bioMérieux SA、
  • Bio-Rad Laboratories Inc.、
  • DiaSorin S.p.A、
  • F. Hoffmann-La Roche AG、
  • Immunodiagnostic Systems Holdings PLC、
  • Johnson & Johnson、
  • Siemens AG、Sysmex Corporation、
  • Thermo Fisher Scientific Inc.

などが挙げられます。

無料サンプル 

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1046108-immunodiagnostics-market-global-industry-trends.html

引用文献

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003560.000071640.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)