ヘモグロビン検査の市場調査レポート:ヘモグロビンテスト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

ヘモグロビン検査の市場調査レポート:ヘモグロビンテスト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヘモグロビンテスト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を2021年8月12日より開始しました。価格はシングルユーザーライセンスで税込281,871円です。

ヘモグロビン検査市場の概要

2015年から2020年にかけて、ヘモグロビン検査市場は穏やかな成長を示しました。

ヘモグロビン検査は、血液中の赤血球(RBC)の数やヘモグロビンの濃度を測定する検査です。ヘモグロビンは、赤血球に含まれるタンパク質の一種であり、酸素を臓器に運び、二酸化炭素を肺に戻す働きをしています。ヘモグロビン検査は、医師の定期検診の一環として、あるいは患者の深刻な病状を診断するために広く利用されています。

検査の結果、ヘモグロビン濃度が正常値よりも低い場合は、赤血球数が少なく、貧血などの疾患が起こりやすいことを意味します。また、赤血球数が正常値より多い場合は、血液疾患の兆候であったり、高地での生活や喫煙、脱水症状などが原因である可能性があります。ヘモグロビン検査市場の主なエンドユーザーは、医療機関、病院、研究センターです。

ヘモグロビン検査市場の動向及び成長要因

ヘモグロビン検査市場の動向及び成長要因

貧血や糖尿病などの慢性疾患の増加は、ヘモグロビン検査市場を牽引する重要な要因です。2018年には、世界で推定4億9,000万人が糖尿病を患っています。

糖尿病の流行は、人口の高齢化、食生活の乱れ、座りっぱなしのライフスタイル、肥満の増加などによって引き起こされています。 糖尿病患者は、定期的に血糖値やHbA1c値を測定する検査を受ける必要があるため、このような検査の需要が高まっています。さらに、様々な医療保険制度の下で、ヘモグロビン検査の償還が優遇されていることも、市場の成長を促しています。

しかし、多くの国では、医療保険がヘモグロビン検査の費用を完全には負担してくれませんが、部分的な支払いやその他の保障があるため、消費者は全体的な健康状態をチェックし、維持するために、定期的な検査を導入する傾向にあります。

さらに、医療インフラの整備、一人当たりの医療費支出の増加、血液関連疾患に対する意識の高まり、人口の高齢化、技術の進歩などの要因も、今後数年間の世界のヘモグロビン検査市場を牽引すると予測されています。今後、2021年から2026年にかけて、世界のヘモグロビン検査市場は6.80%のCAGRで成長すると予測されています。

  • 主要な市場区分
    製品タイプ別の市場構成
    試薬・消耗品
    機器
  • 技術別の市場構成
    クロマトグラフィー
    イムノアッセイ
    その他
  • エンドユーザー別の市場構成
    研究所
    病院
    リサーチセンター
  • 地域別の市場区分
    北アメリカ
    ヨーロッパ
    アジア・パシフィック
    中近東・アフリカ
    ラテンアメリカ

ヘモグロビン検査市場の主要企業

ヘモグロビン検査市場における主要な企業としては、アボット、バイオ・ラッド・ラボラトリーズ、ダナハー、EKF Diagnostics、F. Hoffmann-La Roche、Siemens Healthineers、Thermo Fisher Scientific、Alere、ACON Laboratories、アークレイ、Bayer Medical Care、Daiichi Biotech、Diazys Diagnostic Systems、Epinex Diagnostics、Erba Diagnosticsなどがあります。

目次:ヘモグロビンテスト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

目次:ヘモグロビンテスト市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)

第1章 序文
第2章 範囲と調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 イントロダクション
第5章 世界のヘモグロビンテスト市場

  • 市場概要
  • 市場パフォーマンス
  • COVID-19の影響
  • 製品タイプ別の市場セグメンテーション
  • 技術別の市場セグメンテーション
  • エンドユーザー別の市場セグメンテーション
  • 地域別の市場セグメンテーション

第6章 市場セグメンテーション、製品タイプ別

  • 試薬と消耗品
  • 装置

第7章 市場セグメンテーション、技術別

  • クロマトグラフィ
  • イムノアッセイ
  • その他

第8章 市場セグメンテーション、エンドユーザー別

  • 研究所
  • 病院
  • 調査センター

第9章 市場セグメンテーション、地域別

  • 欧州
  • 北米
  • アジア太平洋
  • 中東とアフリカ
  • ラテンアメリカ

第10章 SWOT分析
第11章 バリューチェーン分析
第12章 ポーターズファイブフォース分析
第13章 価格分析
第14章 競合情勢

  • 市場構造
  • キープレーヤー
  • キープレーヤーのプロファイル

本調査レポートの無料サンプル

株式会社グローバルインフォメーションの公式ページより無料サンプルをダウンロードできます。

グローバルインフォメーションのページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)