インパクトファクター(Impact facotor)の調べ方と計算方法

インパクトファクター(Impact facotor)の調べ方と計算方法

ジャーナル(研究雑誌)のインパクトファクター(Impact factor;IF)とは?

論文のインパクトファクター(Impact factor;IF)とは?計算式は?

インパクトファクター(Impact factor;IF)は、論文を掲載するジャーナル(論文)の価値を示す指標のひとつで、そのジャーナルに掲載された論文の被引用数を元に計算されます。端的に言えば、よく引用されているジャーナルほどインパクトファクターは高くなります。インパクトファクターが高いほど、そのジャーナルの影響度は高く、ジャーナルの価値が高いとされます。

よく言われるインパクトファクターは、CrarivateJournal Citation Reportsで毎年発表されるインパクトファクターのことを指します。論文データベースのWeb of Scienceに収録されたジャーナルが対象のため、すべてのジャーナルにインパクトファクターがあるわけではありません。

インパクトファクター(Impact factor;IF)の計算方法は?

Journal Citation Reportsで公開されるインパクトファクターは以下のように計算されます。

学術研究の世界において、一般的に論文の影響度は、他の論文からの被引用回数で評価されます。インパクトファクターでは、あるジャーナルの影響度を数値化するために、そのジャーナルが掲載したすべて論文の被引用回数の合計値(=論文群の総影響度)を、論文の掲載本数で割って算出します。

インパクトファクター計算例

A=2014年、2015年にジャーナルPに掲載されたすべての論文が2016年中に引用された回数の合計
B=2014年、2015年にジャーナルPが掲載した論文の数の合計
ジャーナルPの2016年のインパクトファクター=A/B

出典:Crarivate, インパクトファクターについて.

上記計算方法のため、新しく発刊されたばかりのジャーナルにはインパクトファクターが付かないのでご注意ください。

以下の動画はWeb of Scienceのインパクトファクターの解説です。日本語で説明されています。

インパクトファクター(IF)の調べ方:無料で検索するには

インパクトファクター(IF)の調べ方:無料で調べるには

Journal Citation Reportsが発表するインパクトファクターを閲覧するにはアカウントが必要です。大学や研究機関はJournal Citation Reportsと提携しているケースが多いため、サインインすることで閲覧できます。

アカウントがわからないもしくはアカウントがない場合は、ジャーナルのページで閲覧もできます。ジャーナルのページでインパクトファクターを確認すれば無料です。すべてのジャーナルでインパクトファクターが掲載されているわけではありませんが、ジャーナルのトップページがAboutページに掲載されていることが多いです。例えばJournal of Neurologyでは以下のように公開されています。

Journal of Neurology Impact factor

また、最近ではGoogle検索で「ジャーナル名+impact factor」で検索すると表示されるようになってきています。こちらも無料で調べることができます。

インパクトファクター Google

分野別インパクトファクターランキング2020一覧はこちら

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)