バイオニュース

効能、副作用を予測できる人工知能(AI)

薬剤のヒトへの効能、副作用を予測するAIが開発されました。マウスなどの動物実験のデータとヒトでのデータが一致しないことは少なくありません。前もってヒトでの結果をある程度予測できれば、医薬品開発の短期化、低コスト化をもらすでしょう。計算論的なアプローチは昔からありましたが、AIとの組み合わせで一層盛り上がってきました。

プレスリリースはこちら
どんな薬のどんな副作用、効能でも予測できる人工知能(AI)を開発
~バーチャル創薬、バーチャル治験(注1)への活用に期待~

関連記事

  1. 電子タバコの蒸気は紙タバコの煙と同じくらい肺病原体の有害性を高める?

  2. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検査法の運用についてのガイド…

  3. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体測定サービスを開始:シス…

  4. ナカライテスクと幹細胞&デバイス研究所(SCAD)が戦略的業務提携

  5. 唾液検体からの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出

  6. LabBase X

    産学連携マッチングサービス「LabBase X」がAI活用で機能強化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP