効能、副作用を予測できる人工知能(AI)

薬剤のヒトへの効能、副作用を予測するAIが開発されました。マウスなどの動物実験のデータとヒトでのデータが一致しないことは少なくありません。前もってヒトでの結果をある程度予測できれば、医薬品開発の短期化、低コスト化をもらすでしょう。計算論的なアプローチは昔からありましたが、AIとの組み合わせで一層盛り上がってきました。

プレスリリースはこちら
どんな薬のどんな副作用、効能でも予測できる人工知能(AI)を開発
~バーチャル創薬、バーチャル治験(注1)への活用に期待~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)