バイオニュース

「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」に寄せる期待

内閣府が検討している 「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」 についてご存知でしょうか?日本の基礎研究力強化を目的に策定されたものです。

策定について、内閣府が出している資料には、

2019年4月に、文部科学省が策定した「研究力向上改革2019」を発展させ、人材、資金、環境の三位一体改革により、我が国の研究力を総合的・抜本的に強化するため、2019年内を目途に、大学・国研等における企業との共同研究機能強化や研究に優れた者が研究に専念できる仕組みづくりをはじめとする、以下の項目を中心に検討し、「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」(仮称)を策定する。

内閣府 政策統括官, 研究力強化・若手研究者支援 総合パッケージ」(仮称)の検討について.

と記載されています。

この資料には現状の日本の研究力に関するレポート(Top10論文数の低下や研究費の状況など)が記載されており、それらは概ね日本の研究力衰退を示すものです。(細かい内容についてはリンク先の資料をご覧ください)

2019年12月には竹本直一科学技術政策担当大臣が、若手研究者10人と意見交換会を開催を実施しています。

「任期中に研究成果を出すことの難しさ、プロジェクト終了後の雇用について不安定さ、育児と研究の両立などについて、研究現場の若手研究者の生の声を聞くことができた。」と少しずつですが施策の策定に進んでいる状況です。

若手研究者が不安なく、能力を最大限に発揮できる環境が提供されるようになる良い施策になればと願うばかりです。この施策については進展があった際には状況をお伝えしていきます。

参考文献

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当),「研究力強化・若手研究者支援 総合パッケージ」(仮称)の検討について

関連記事

  1. 【無料セミナー】タンパク質の立体構造・機能解析に関する最新の研究成果を…

  2. SARS-CoV-2のヒトへの媒介生物はパンゴリンか?

  3. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体測定サービスを開始:シス…

  4. Craif(旧Icaria)

    【AMED採択】Craif(旧Icaria)社×名古屋大学×北斗|尿検…

  5. 多重感染度(Multiplicity of Infection;MOI…

  6. メルマガ

    タカラバイオのメルマガ会員になるメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP